可行道琴室


陳逸飛油畫 "年輕的大提琴手" 可行道琴樂沙龍&二胡教室 www.kakodo.org
by kakodoschool
以前の記事
2014年 09月
2014年 08月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2009年 04月
2009年 01月
2008年 12月
2007年 12月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 03月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
カテゴリ
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2011年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧


伝統vs新世界

朝日紙の別刷り『GLOBE』12月4日最新号は
「ワイン、変る世界地図」のタイトルで
地球規模の拡大をみせるワイン産地と
消費の現状を特集していました。

おもしろいのはワインの伝統的生産国と
「新世界」とよばれる新興生産国
それぞれのロジック(論理)が描くコントラストです。

伝統国は自らの強みをテロワール(風土/自然条件)と
洗練された醸造手法に基くブランド性…「定性的評価」に求め
新興国は最新の科学的生産技術を駆使
トータルな「定量的評価」を足掛かりにコスト攻勢もからめ
拡張する市場に切り込む。

"伝統と革新の相克"というテーマは
狭くワイン業界に限られた話ではなく
どのマーケット(業界?)にも観察される“新陳代謝”なだけに
足もとの二胡の現状を考える意味でも興味深く読まれました。

 伝統とは伝統を受け継ぐ者こそ最もよく革新しうる。
 伝統の真ん中から革新性は誕生=突破する。

…両者の関係についてそんな理解でおりますが
これはまさに(やっぱり!?)扁筒二胡(=楕円琴筒二胡)の謂いなのでありました037.gif

さて特集には
「言葉で評価されたワインを好むひとびと
点数だけで評価されたワインを追い求めるひとびと」
がおり
「生まれか・育ちかではなく
ある時期は土地の力がワインを生み
ある時期には技術によって成長を遂げて行くというサイクルを
歴史は繰り返している」
との気鋭ワイナリー・オーナー(inカリフォルニア)の見解も紹介されています。

伝統か革新か??・・・
解答はその時どき人とびとがなにを嗜好するかに習い
絶えず両論併記的にならざるを得ないのでしょう。

伝統と革新をふたつながら一身に収める
ほかならぬ扁琴の超越性はべつとして!?006.gif
[PR]

by kakodoschool | 2011-12-10 17:12 | 可行道徒然の記

「監製」ということ

指揮者というのはある意味神秘的な仕事。
音は鳴らさないけれど
言葉で説明できない何か象徴的なものを求められる。
たとえば往年の名指揮者カール・ベームやセルジュ・チェリビダッケは
技術に決して優れていたわけではないけれど
彼らが指揮台に立つからこそ鳴る音というものが
確かに存在したんです
佐渡裕


寒暖の"ヴィヴァーチェ"なテンポにふりまわされがちなこのごろですね058.gif
マンゴ・シャーベットのように硬く鋭いしかも甘い調べを響かせて
シーズン到来を悦んでいるのは店内の二胡たちです(..とくに扁琴072.gif!?)。

指揮者:佐渡氏へのインタビュー記事からの引用は
血のなせる演繹法の賜物…"音楽"にまつわる証言として興味ぶかいですね。
かれら血脈のオマージュとしての音楽理解―
単に経験の集合ではなく
特定の経験をある秩序のもとで集積・昇華させる血の働き。
それらは良質な音楽ホールや美術館において鑑賞・体験されもし
さらには場を貫く気であるともいえましょう。
そして一流の継承相伝は伝統の揺るぎない流れを育み
われわれに芸術の確かな存在と息吹を感じさせるに至ります。


…二胡にその息吹がふきかけられたとしたら?
「陳耀星監製」の銀象嵌はそのとき神秘の象徴として耀きだすのです。
[PR]

by kakodoschool | 2011-12-03 15:26 | 可行道徒然の記